2023年12月【副業・情報商材詐欺】ご相談の多かった被害事例3選

副業・情報商材詐欺の返金請求なら弁護士法人大栄橋法律事務所

副業・情報商材詐欺の返金に強い弁護士 解決実績・相談事例多数あり

  • 電話相談
  • LINE相談
  • メール相談
HOME > 2023年12月【副業・情報商材詐欺】ご相談の多かった被害事例3選

2023年12月【副業・情報商材詐欺】ご相談の多かった被害事例3選

2023年12月【副業・情報商材詐欺】ご相談の多かった被害事例3選

【副業詐欺@FX自動売買詐欺】

自動売買ツールを購入時に資金がないので、消費者金融から借りて下さいと言われ審査へ誘導され、合計250万円借りて申し込みました。

購入してから全然利益が出ずにサポートに電話予約をして話を聞きました。

最初はこんな感じですと言われ、1週間後に電話予約をして下さいと言われ予約を取りました。

追加で運用資金があればもう少し利益が上がると言われました。

現在も全然稼げない状態で消費者金融に毎月分割で返済しています。

【副業詐欺@オンラインカジノのレクチャー詐欺】

Instagramで自身がお金持ちであると発信し、選ばれた人だけに儲かるカジノロジックを販売してあげるという人物と知り合いました。

ほとんどの人が200万以上稼げていると言います。

Instagramのdmで応募し、当選者にラインのQRコードが送られてくるという流れでした。

その後LINEでも繋がり、購入説明の際に「絶対に勝てるわけではないのでクレーム厳禁」という説明書きがありました。

結局、全く稼げませんでした。

【副業詐欺@ネット副業詐欺】

ネットで「副業」で検索したサイトからLINE登録しました。

LINE登録と同時に2000円のネット副業マニュアルをPayPayで購入し、さらに別のLINEを登録しました。

後日、サポート担当の人からLINE電話が来て、購入したマニュアルを見ながら記載されている仕事や契約の説明を受けました。

マニュアルに記載されている複数のプランの中から「ほとんどの方が選択している1番のおすすめ」と言われたプランを勧めら、消費者金融でお金を借りるよう指示されて、遠隔操作アプリのエニーデスクを使い、50万を借りて支払いました。

メルカリアカウントを作成するように指示を受け、相手先から送られてくる商品情報(コスメ、洋服、家具、ポケモンカード等)の写真と説明文をもとに、自分のメルカリアカウントを使ってその商品を販売するものでした。

消費者金融から借入して振込した後、消費者金融のサイトで注意喚起していた詐欺の手口を見て、詐欺にかかったのではないかと気付きました。

前のページへ戻る