2022年11月 副業・情報商材詐欺 相談の多かった被害事例 – 副業・情報商材詐欺被害の返金請求【大栄橋法律事務所】

副業・情報商材詐欺の返金請求なら弁護士法人大栄橋法律事務所

副業・情報商材詐欺の返金に強い弁護士 解決実績・相談事例多数あり

  • 電話相談
  • LINE相談
  • メール相談

2022年11月 副業・情報商材詐欺 相談の多かった被害事例

2022年11月 副業・情報商材詐欺 相談の多かった被害事例

【1】

「1日10分の作業で5万円は稼げます」広告に惹かれLINE登録をした後、電話で連絡があり高額なプランを案内された。資金がないと話すと消費者金融で借りることを勧められた。一カ月ですぐに返せるくらい稼げるからと言われ、消費者金融で50万円の借金をしてプラン代を払ったが、実際は全然稼げず借金の返済に困り、そのことについて話をすると、今回特別に今月の返済分の金額を返金するから、形だけ受け取ったとサインをしてほしいといわれ、書類の内容もちゃんと説明をされずサインをしてしまいました。後からそれが解約合意書だと知り、自分の意思とは関係なく1回の返済額の返金だけで解約に合意してしまっていました。

【2】

InstagramのDMで稼げる副業紹介しますと連絡がきた。その人のInstagramには豪華な暮らしぶりが出ていて、自分もラクに稼げるならと連絡を取ったら、簡単に稼げる元はすぐに取れるし手厚いサポートもするからと言われ高額な資金を振り込んでしまった。でも結果は全然稼げず、サポートも全然してくれなかった。

【3】

将来への不安があり少しでも稼いでおきたいと思い副業を探していたところFXで簡単に稼げるという広告を見つけて興味も持ちLINE登録しました。LINEで連絡がきて、やり取りの中で必ず稼げるから大丈夫と言われツールを80万円で購入した。だが、実際は全然稼げず、サポートも様子を見てと言われるばかりで全く使えないツールだった。

(事務所の解説)
上記ケースが2022年11月に当事務所へ多く寄せられた相談事例になります。
コロナウィルスの影響で副業をする人が増えていることもあり、こういった被害に遭われている方が、当事務所にも多くの問い合わせが来ます。
このような事例に似たようなケースに心当たりのある方は、お気軽に当事務所にご相談ください。

前のページへ戻る