2022年5月 副業・情報商材詐欺 相談の多かった被害事例 – 副業・情報商材詐欺被害の返金請求【大栄橋法律事務所】

副業・情報商材詐欺の返金請求なら弁護士法人大栄橋法律事務所

副業・情報商材詐欺の返金に強い弁護士 解決実績・相談事例多数あり

  • 電話相談
  • LINE相談
  • メール相談

2022年5月 副業・情報商材詐欺 相談の多かった被害事例

2022年5月 副業・情報商材詐欺 相談の多かった被害事例

【1】

お小遣い稼ぎにネットで副業を探していたら一回だけ10分の設定を行うだけで毎月1万円程度の報酬で即日即収益という広告を見つけた。初期費用はなく手出し0円スタートと書いてあった初期費用がかからないならと連絡してみると、提供されたシステムを設定してテンプレートをコピペで簡単なものだった。ただサポートに入った方が良いとのことで100万円かかると言われて、躊躇したがそれもすぐに元が取れ稼げると言われ契約してしまった。サポートが始まったがアドバイスはしてくれなく、毎月稼げると言われていたのに稼げず、サポート代の資金を消費者金融で借りたため借金だけが残ってしまった。

【2】

インスタグラムで「FXで簡単に稼げる」と書いてあるのを見つけLINEを追加したところ

ツールを購入しないかと連絡がきた。悩んだが1ヶ月以内で50万円が取り返せるとの事を言われたのでその50万円のツールを購入。後日、USBが送られてきてそのツールを見て取引してみてと言われました。やり方は教えてくれたのですがそれをやっても中々稼げず、稼げるまでサポートしてくれると言っていたのにも関わらず質問しても少し時間をかけて見てと言われそのまま終わり。全く稼げないツールだった。

【3】

ネットを見ていた時に、ラインのスタンプを返せばよい、誰でも簡単に稼げる副業と謳い文句に惹かれました。金銭的に余裕が欲しく、副業で稼ぎたかったので返せば返すほど稼げるからと言われ契約し、サポートが受けられ、メッセージを自動的に返信させる機能がついている40万円のプランを勧められ代金を支払った。しかし、蓋を開けてみるとマッチングアプリのサクラで、やりとりをしてほしいと言う副業だった。稼げなくても返金しますと説明は受けていたが、実際稼げることがなかった上に、このままだと返金保証の対象にならないと言われて返金されなかった。

(事務所の解説)
上記ケースが2022年5月に当事務所へ多く寄せられた相談事例になります。
コロナウィルスの影響で副業をする人が増えていることもあり、こういった被害に遭われている方が、当事務所にも多くの問い合わせが来ます。
このような事例に似たようなケースに心当たりのある方は、お気軽に当事務所にご相談ください。

前のページへ戻る